スポンサーサイト

  • 2012.09.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


世界激場3のレポートをアップしました!

 
 こんにちは、世界激場実行委員です。
 お待たせしました。9/2(日)にart space tetraで行われた、世界激場3のレポートを致します。

 今回、テーマである「弔い」を表現するにあたり、それを題にしたトークセッションなどの趣向はなく、演目としてはライヴ演奏のみを行いました。
 その代わり(?)、演目以外の所ではいろいろテーマにまつわるものを考えました。
 まず、ステージの奥に祭壇をしつらえました。当初は「メキシコの死者の日」に飾られるような祭壇を念頭においていたのですが、作ってるうちに誕生ケーキのような仕様に(笑)。いやこれは失敗したわけではなくて、後の演出とからめての事だったのですが。
 祭壇には一応、実行委員のみねまいこと聡文三の遺影を模した写真を立てております。聡のはあんまり遺影に見えませんね(笑)。 壁には、入り口から見て右サイドには、結局実現しなかった世界激場2の企画書を貼りました。これ、実際にメインで呼ぼうとした辻井喬さんに送った企画書そのまんまです。今回は、最後の世界激場なので、ポシャってしまった2回目を追悼しようと思ってこの企画書を貼りました。
 左サイド(と右サイドの一部)には、実行委員(と投稿者)が選んだ、「今、弔いたいもの」を写真と簡単な解説をつけて掲載しました。
 はっきり申し上げて、独断と偏見で選んでおります。一部を拡大してご覧下さい。



 また、観客のみなさんには今回、実行委員の3人と1回目のトークセッションに参加してくださった漫画評論家の紙屋高雪さんが寄稿した「追悼文」と、世界激場の今までの経緯を掲載したパンフレットを配布しました。
 これまた、四者四様、好き放題書いているというか、パッと見どの文も追悼文に見えないというか(笑)。
 このパンフレット内の文章は、寄稿者がご自分のブログ他で転載する以外は原則この冊子以外では読むことが出来ません。残部が会場他でまだ残っているかもしれないので、興味のある方は探してみてもいいかも。

 さて、肝心のライヴ演奏について。
 まず最初はTARJEELING。最近のTARJEELINGは昔の事務員(教師?)の扮装で客を巻き込みまくるエンタメ路線でのライヴ。この日も最初はガッツリその路線だったのですが(祭壇裏から怪人二十面相風の黒布を羽織って登場、2曲目で既に客席に飛び込み自分の遺影写真に落書きを強要する:笑)、もう一人の実行委員のみねまいこの曲を挑発的にカヴァーした後位から若干モードが変わり、今回のテーマである「弔い」を念頭に置いた選曲やパフォーマンスを展開していきました。
 「WORMS」という曲では終盤ステージに倒れて死ぬ演出を行ったのですが、その倒れている途中に祭壇に並べられたガイコツが1個落ちました。勿論意図的なものではなく、お客さんからは「ミラクルが起こった!」という声を多く頂きました(笑)。


 TARJEELINGの最後の曲の演奏直前に、突然会場の扉が開き、大きな箱が持ち込まれました。
 実はこれ、浄水通りの洋菓子店「16区」 で特注したケーキなのです。

 先ほど「祭壇がケーキっぽくなった」というのは、このリアルケーキと対比させる為でした。すなわち、死者の為のケーキがステージ上の祭壇で、生者の為のケーキがリアルケーキ、というわけ。写真をご覧頂ければ解りますが、リアルケーキには「VIVA LA VIDA 人生万歳!」との文字があります。これを会場の皆で分かち合い、弔われている死者と共に「生」を祝福しよう、というねらいで行いました(TARJEELINGの演奏終了後、次までの時間で皆さんにお配りしました)。
 ちなみにケーキはめっちゃめちゃ!!美味しかったです。これ食べに来るだけでも会場に来た元は取れたかも。ただ、この演出については完全にシークレットでしたので「ケーキ目当て」で来たお客さんはいませんでしたけどね(笑)。

 ケーキタイムが終わり、いよいよ最後のみねまいこが始まりました。
 今回はトラック+ギターのみの演奏。ギミックだらけだったTARJEELINGの演奏とは対照的に、演奏とMCのみのシンプルな展開で、曲目もテーマに沿って云々と言うよりは「ベスト・オブ・みねまいこ」的な選曲でした。
 最後の曲が終わり、アンコールがかかりました。アンコールは、最初のTARJEELINGもカヴァー演奏した「イスパーニャ」。というか、聡がこの曲を演奏するようみねに強要したのですが(笑)、ムチャ振りだったので多少ヨレてはいましたが、まあいいエンディングだったのでは。


 全ての演奏が終了した後、実行委員が無作為(と言ってるが結構作為的:笑)に選んだ参加者に、祭壇のロウソクを吹き消してもらい、これにて終幕となりました。
 全ての参加者の皆様、並びに会場のスタッフはじめ様々な形でご協力頂いた皆様、有難うございました!

 これにて、世界激場は終了いたします。
 2007年の末にみねまいこと聡文三の2人でひっそりと立ち上げてから、5年ほどの時間が経ちました。
 色々紆余曲折があり、また全てが成功したとは言いがたい面もありましたが、「従来の音楽イヴェントから微妙に逸脱したトライアル」という目論みは、良くも悪くも達成できたのではないかと思います(逸脱しすぎ?)。
 改めまして、この風変わりな試みに関心を持ってくださった全ての方に感謝いたします。
 願わくば、この奇妙な試みが皆様の記憶の片隅に、いつまでも残りますように。 

世界激場3 終了いたしました。

  こんにちは、世界激場実行委員です。

 昨日2012年9月2日(日)、福岡市博多区須崎町にあるart space tetra にて、世界激場3を開催いたしました。
 おかげ様で、無事終了いたしました。
 お越し頂いた皆様、様々な形でご協力頂いた方に感謝申し上げます。
 有難うございました!!!

 詳細については、もうしばらくしてから掲載する予定です。
 それにともない、当日お越し頂いた皆様からのご感想を募集いたします。
 忌憚無きご意見を、色んな方法で送って頂ければと。ご意見に関しては、掲載の許可を頂けたものに関してはアップしたいと思います。

 宛先をいくつか載せておきます。
 公式ブログ http://sekaigekijou.jugem.jp
 メールアドレス sekai_gekijou@yahoo.co.jp

 どしどし感想ご意見お寄せ下さい!!!

世界激場3、いよいよ明日です。

 こんにちは、世界激場実行委員です。
 あれほど暑かったのに、ここ数日はめっきり涼しくなって、秋の気配が漂ってきましたね。
 もう夏も終わりですね。

 さて、早いものであっという間に世界激場の前日になってしまいました。

「世界激場3」Worldwide-Passionate Theater III 縁起でもないことをしようか?
日時:2012年9月2日(日) 18:00開場 18:30開演
会場:art space tetra (福岡市博多区須崎町 2-15 tel/fax 092-262-6560)
料金:1,500円(+1 drink order)
予約・お問合せ:sekai_gekijou@yahoo.co.jp
主催:世界激場実行委員会

 なにぶん準備期間が長かったものですから、いよいよ開催できるのかという喜びもひとしおな反面、明日でそれも終わりかと思うと早くも少々寂しくもあるのですが(笑)、肝心なのは明日ですからね。まだまだ寂しがっている場合じゃない。
 何度か申し上げましたが、今回の世界激場のテーマは「弔い」です。
 みなさんの、そして我々の「夏」への「弔い」が出来たらと思っております。
 皆様のお越しを、心よりお待ちしています。

 それでは明日、tetraでお会いしましょう!!!

世界激場当日にお配りするパンフレットについて

  こんにちは、世界激場実行委員です。
 いよいよ世界激場3の開催もあと1週間を切りました。
 ここでもう一度、詳細についてお知らせ致します。

「世界激場3」Worldwide-Passionate Theater III 縁起でもないことをしようか?
日時:2012年9月2日(日) 18:00開場 18:30開演
会場:art space tetra (福岡市博多区須崎町 2-15 tel/fax 092-262-6560)  
料金:1,500円(+1 drink order)
予約・お問合せ:sekai_gekijou@yahoo.co.jp
主催:世界激場実行委員会

 さて、つい先日、当日に配付するパンフレットを作成いたしました。
 このパンフレットには、今までの世界激場の歩みと、実行委員3名に加え、世界激場にゆかりのある紙屋高雪さんが書いた「追悼文」が掲載されています。
 正直パッと見「追悼文」にはなってない文章ばかりに見えますが、深い所ではそれぞれがそれぞれにとって大切な何かを「弔っている」文になっております。
 なので、読み物としても充実しています(ほとんどミニ同人誌の風情)。
 来て下さる方へいい「おみやげ」になれば、と思っております。
 演奏だけではなく、こちらもご期待下さい。

世界激場3の「ねらい」

  こんばんは、世界激場実行委員です。
 世の中はオリンピック一色ですね。正直な所、当方は準備に忙しくて、あまり観れていないのですが。

 さて、前回の記事で、今度の世界激場のテーマが「弔い」である事をお知らせしました。
 当然、なんで「弔い」なの?といった疑問が出て来ることかと思います。
 実は、今福岡の街のあちこちに置いてある世界激場のフライヤーの裏に、今回のテーマを「弔い」とした理由が書いてあるのですが、当然福岡以外の方では観れない人も多いでしょうから、この場で全文を掲載いたします。

 こんにちは、世界激場の聡文三です。
 前回の世界激場を行ったのが2008年の10月。随分時間が空いてしまいました。その時の事を覚えていている人には、ご無沙汰してすみません。当時を知らない人には、はじめまして。と、言わせて下さい。
 僕たちは、通常の音楽イヴェントには飽き足らず、現在の貧困や格差についてトークセッションを行ったり、「JIYU-KENKYU」という名の読書会を開いて、今の世を知る上で必要だと思われる書物を紐解いて議論したりしてきました。 
 何故そんな事をやってきたかというと、感じていたからです。色んな局面でこれまでの価値観や制度が通用しなくなっている事、ドラスティックな変化が起こっている事を。そして、そうした変化を知ってか知らずか、眼をそらそうとする人たちへのいらだちも感じていたからです。
 特に去年の3月の震災と原発事故以降は、そのような変化が誰の目にも分かる形で露になり始めました。それまでそういう事に関心のなかった人も、これまでの価値観が変革を迫られるべき時に来ている事を感じ、また声高に語っています。
 もちろん、それ自体はいい事だと思います。しかし、それまでの「旧弊な」価値観が良くも悪くも、僕たちを形づくってきたのもまた事実なのです。その「僕たちを形づくってきたもの」が終焉を迎えるにあたって、まるで「流行おくれの服を捨てるかのように」それらを打ち捨て、新しい価値(果たしてそんなものがはっきりと見えているかも疑問ですが)に飛びつくようなやり方では、本当の意味で状況に対応した事にはならないし、そのうち僕ら自身が打ち捨てられてポイ、なんて事になってしまうだろう、と考えています。
 そこで、世界激場では、今回のコンセプトを「弔い」とする事にしました。
 僕たちを形づくってきたもの―それは戦後の日本といった手に負えないほど大きなものから、僕たちが愛してきた「ポップ音楽」という音楽のあり方といった身近なものまで―に対して、一度きちんと「弔い」をして、別れを告げよう。そんなイヴェントにしたいと思っています。
 キャッチコピーは「re‐membering(   )」。みなさんもそれぞれのやり方で、それぞれの「弔うべきもの」にお別れをするために、集まってくだされば嬉しいです。
 2012年初夏

 世界激場 実行委員長
 聡文三

 
 それにともない、世界激場3では、皆様の「弔いたいもの」についての投稿を募集します。
 対象については、それが心から「弔いたいもの」であれば、どんなものでも構いません(別に命のあるものでなくてもいいです。また、具体的なものですらなくてもいいです)。
 投稿形式については、こちらの公式ブログへのコメントでも結構ですし、twitter へのRTでもOK。また、メールアドレスsekai_gekijou@yahoo.co.jp に直接お知らせ頂いても大丈夫です。
 内容については、「弔いたいもの」の名称だけ書いて頂いても結構ですが、手短で結構ですので対象についてのコメントを添えていただければなおよいかと。
 募集期間は、8/26までとさせて頂きます。投稿頂いた方から、実行委員がピン!と来たものは、投稿した方のご了承を頂いた後、当日配布する公式パンフレットに掲載させて頂きます。

 皆様の投稿をお待ちしております。よろしくお願いいたします!!

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
about
世界激場 とは
JIYU-KENKYU って?
categories
selected entries
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
JIYU-KENKYU BOOK LIST
JIYU-KENKYU BOOK LIST
JIYU-KENKYU BOOK LIST
JIYU-KENKYU BOOK LIST
JIYU-KENKYU BOOK LIST
JIYU-KENKYU BOOK LIST
search this site.
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM